特定非営利活動法人 ひずるしい鎮玉


 ひずるしい鎮玉の最新情報はfacebookでも発信中です。

■団体概要  ■これまでの活動  ■ニュースレター


復活!鎮玉和紙をつくろう 参加者募集

明治から大正にかけて鎮玉の的場地区では和紙づくりが盛んに行われていました。しかし、戦後まもなく和紙づくりは終わりを迎え「鎮玉和紙」は幻となりました。

時は現代、昭和の最後まで和紙づくりをされていた一軒のお宅で、なんと和紙づくりが復活しました。

冬の里山を歩きながら、和紙の原材料となる植物を観察することもできます。あなたも自分だけの和紙をすいてみませんか?

日時:2019年1月19日(土)9:30~14:00
場所:的場四方浄公民館(浜松市北区引佐町的場512-1)
講師:太田和好さん
対象:小学生以上
参加費:2,000円(材料費、保険料を含む)
★昼食代は含まれておりません。各自ご準備ください。
定員:30名(先着順)

★参加をご希望の方は、お名前、ご住所、お電話番号を添えて、メール(info@shizutama.jp)もしくはFAX(053-544-1046)にてお申込みください。

 

2018年度の田んぼオーナー田植えを行いました(2018/5/26)

天気予報を見て、カンカン照りで熱中症が心配されると思っていた5月26日(土)。曇り空の作業をしやすい最高のコンディションのもと、今年度の田んぼオーナーの第1回作業となると田植えを行いました。

浜松市の街中や名古屋などから約200人の田んぼオーナーにご参加いただき、田んぼに足をとられながらも、横一列になって苗を植えていただきました。

 

今年も多くの小さなお子さんにご参加いただき、とても賑やかな中での作業となりました。

今年で3年目というベテランオーナーさんも増えてきて、田植えも随分とスムーズになってきたように感じます。また、浜松市市民協働センターで募集してくださった「鎮玉田んぼ応援団」のボランティアの皆さんも、人数の少ないオーナーさんの区画に入って大活躍していただきました。

 

休憩時には、ひずるしい鎮玉で準備した暖かい甘酒で一息ついていただき、お昼前にはすべての区画で作業を終えることができました。

次回の作業は、7月7日(土)の草取りです。田んぼオーナーの皆さん、次回もよろしくお願いいたします。

みなさん、大変お疲れ様でした!またのお越しをお待ちしております!

ウェルカムto的場ウォークを開催しました(2018/3/24)

3月24日(土)、暖かく春を感じられる絶好のコンディションのなか、「ウェルカム to 的場ウォーク」を開催しました。浜松市の中、東、西、南、北、浜北の各区から多くの方にご参加いただき、当日ボランティアの浜松湖北高校生物科学部の皆さんやスタッフを含め約60人ほどが的場域内を元気に歩きました。

 

ご参加いただいた皆さまからも気持ちよく歩くことができたと嬉しい感想を多数いただくことができました。

今回のウォークのゴール、的場の長福寺のお堂を、1日限定の「お堂カフェ」とし、地元女性グループの皆さんのご協力で、参加者に甘酒やコーヒー、お菓子などをご提供させていただきました。

来年もまた鎮玉域内の別の地区を巡っていただくウォークを企画する予定です。

ご参加いただいたみなさま、ほたるの会をはじめ、開催にご協力をいただいたみなさま、本当にありがとうございました。

ひずるしい鎮玉の活動を広めていただく
「ひずるしい鎮玉・広報サポーター」募集中!

ひずるしい鎮玉では、浜松市市民協働センターの中山間地域交流ネットワーク事業の枠組みを活用させていただき、都市部と中山間地域間のネットワークを増やし、交流の促進につなげるため、チラシの配架や情報の拡散にご協力いただける「広報サポーター」を募集しております。
“私のお店・企業・施設でチラシを掲示・配架できる” “チラシを送ってくれれば、農作業や自然体験に興味がある人に配りに行ける” “組織内のメールマガジンで情報を拡散できる”など、企業、団体、個人の皆さま、ぜひご協力よろしくお願いいたします。

★広報サポーターの詳細はコチラ


Copyright (c) 特定非営利活動法人 ひずるしい鎮玉 All Rights Reserved.